peepingwiki

PEEPINGWIKIは本当に安全?盗撮アダルトサイトを解説

更新日:

PEEPINGWIKIは盗撮見聞録からリニューアルした盗撮系無修正アダルトサイトです。

盗撮系のアダルトサイトには色々な不安があるため、安全性について知りたいと思っている方もいるでしょう。

ここではPEEPINGWIKIが本当に安全なアダルトサイトなのか、盗撮動画を見て大丈夫なのか解説しています。

PEEPINGWIKIは安全?

PEEPINGWIKIは詐欺や不正請求などの危険性はありません。サイトにアクセスしただけでウイルス感染するとかはないです。

PEEPINGWIKIは2019年オープンの盗撮サイトなのでまだ運営歴はそこまで長くありませんが、トラブルや問題はないサイトです。

見放題や単品販売されている盗撮動画はリアルなものが多いですが、ダウンロードしても犯罪になることはありません。

PEEPINGWIKIは安全に利用できる盗撮有料アダルトサイトです。

ただしPEEPINGWIKIにはデメリットが複数あるため、入会前にデメリットを確認してください。

PEEPINGWIKIのデメリット

PEEPINGWIKIに危険性はありませんが、デメリットが複数あるので確認しておきましょう。

特にpeepingwikiはスマホに対応していなかったり、ストリーミング再生できないというデメリットがあるので困ります。スマホで盗撮動画を見たい人には非常に使いにくいので、スマホやストリーミング再生に対応した盗撮アダルトサイトを利用したほうが楽しめます。

スマホやストリーミング再生に対応した盗撮アダルトサイトは、以下のの比較ランキングで確認できます。

  • 運営歴が浅い
  • スタンダード会員は全ての動画が見れない
  • 単品動画購入ポイントが高い
  • ストリーミング再生できない
  • マルチデバイス非対応

運営歴が浅い

PEEPINGWIKIは2019年12月にオープンした盗撮サイトなので、運営歴がまだ浅いです。

DTIグループの盗撮サイトに比べると、運営歴が短いため、不安に感じる場合もあると思います。

安全性についてはこのページの最初に解説した通り問題はないので、運営歴はさほど問題になりません。

スタンダード会員では全ての動画が視聴できない

PEEPINGWIKIは全作品が約1666作品あり、その内VIP作品が約1041作品あります。ほとんどがVIP作品じゃないか、と思われるでしょう。

つまりスタンダード会員では半分以下の盗撮動画しか見れないわけです。

「全部の動画を見たいならVIP会員になってよ」と言わんばかりのやり方なので、利用者には不親切と言わざるを得ません。

ストリーミング再生不可

PEEPINGWIKIでは動画のストリーミング再生ができません。今時ストリーミング再生に対応していないのは不便です。これが一番のデメリットに感じます。

そのため動画はダウンロードしてから視聴するしかないです。しかしダウンロード無制限ではないですし、サンプル動画もないため、本当に見たい動画を見極めてからダウンロードする必要があります。

ストリーミング再生可能な盗撮系無修正有料アダルトサイト比較

スマホ視聴できない

PEEPINGWIKIはマルチデバイス非対応なので、iPhoneやAndroidなどのスマートフォン、iPadなどのタブレットで視聴することができません。

スマホで盗撮動画を見たい方には不向きなサイトです。

スマホでPEEPINGWIKIにアクセスしても、画面がパソコン版のままなので見にくいです。早くスマホ対応してほしいものです。

スマホでも見れる盗撮系無修正有料アダルトサイト比較一覧

PPVのポイントが高い

PEEPINGWIKIで動画を単品販売(PPV)しています。しかしそのPPVに使うポイントが高いです。

1ポイントは1ドル計算で、作品は1本8ドル~35ドル位の幅で販売されています。

1本35ドルの作品を購入するなら、月額会員になってダウンロードしたほうが圧倒的にコスパが良いです。

105ポイント 100ドル
213ポイント 200ドル
320ポイント 300ドル
535ポイント 500ドル
1100ポイント 1000ドル

PEEPINGWIKIのメリット

  • 他では見れない盗撮動画を配信
  • 更新頻度が高い
  • プリペイドカードが使える

廃盤された動画もあり

PEEPINGWIKIでは廃盤や発禁された入手困難な盗撮作品が配信されています。またインディーズ系のレアな作品もあるため、他では見れないお宝動画が見れます。

更新頻度が高い

PEEPINGWIKIは毎日2本ずつ動画を更新しています。更新頻度が高いので飽きにくいといえるでしょう。

プリペイドカードで決済可能

PEEPINGWIKIではクレジットカード決済以外に、プリペイドカードが使えます。

Vプリカやおさいふポンタなど、事前にチャージしてから使うプリペイドカードなら、匿名での登録も可能。

アダルトサイトでクレジットカードを登録したり、匿名で利用したい場合には最適です。

Vプリカで有料アダルトサイトに決済(入会)する方法

安全性の理由

「そうはいっても信じられない」「やばい動画を配信してるんでしょ」などPEEPINGWIKIについて不安に感じていることもあると思います。

ここからは何故PEEPINGWIKIが安全と言い切れるのか、安全性の根拠を解説しています。

広告が出ない

PEEPINGWIKIはサイト内に広告が一切でてきません。アダルトサイトで詐欺被害にあう原因は、全て広告が出てきてそれをクリックした時に発生します。

動画再生時に出てくるポップアップ広告は悪質なので、多くの人がクリックして「登録完了」と出てきて何十万円という高額請求の被害にあっています。

PEEPINGWIKIは動画再生時やサイト内に広告が1つも出てこないため、安全に利用することができます。また騙しリンクもないので安心です。(サイト内は全て確認済)

PEEPINGWIKIは退会方法が記載されている

PEEPINGWIKIは退会フォームからいつでも退会できます。1度入会したら最後、退会できないという事はありません。また多額の退会金が発生することもないです。

契約途中で退会手続きをした場合、契約満了まで動画をダウンロードできます。しかしVIP会員特典は利用できなくなるので、VIP動画はダウンロードできなくなるので注意。

PEEPINGWIKIはDRMフリーなので、1度ダウンロードした動画は、退会後も視聴し続けることができます。

退会フォームはPEEPINGWIKIのQ&A「退会手続きは?」の項目に退会フォームへのリンクがあります。またはPEEPINGWIKIトップページの一番下までスクロールすると、「退会申請」のリンクがあります。

カスタマーサポートあり

PEEPINGWIKIは海外の有料アダルトサイトなので、英語が分からないとサポートしてもらえないのでは?と心配される方もいます。

その点PEEPINGWIKIのカスタマーサポートは全て日本語対応なので、英語が分からなくても丁寧に対応してくれます。

そもそも詐欺サイトにカスタマーサポートはないので、入会前でも利用できるカスタマーサポートがあるのは安心です。

クレジットカードの安全性

PEEPINGWIKIではクレジットカード決済代行会社に「EXPRESS BILL社」を利用しています。今までに個人情報流出やカードの不正利用なども無く安心です。

PEEPINGWIKIで利用できるクレジットカードは「VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners」の5種類です。

クレジットカード明細には「pay-network」と記載されます。アダルトサイト名では記載されません。

PEEPINGWIKIの料金

30日 60日 90日 180日
料金 $55 $105 $155 $305
ダウンロード制限(1日) 6GB 6GB 6GB 6GB
EXPRESSVIP会員
-
-
$155 $305

EXPRESSVIP会員ではダウンロード制限(1日)が10GBになります。スタンダード会員からEXPRESSVIP会員になるには、91日間継続するか、追加料金を払ってアップグレードする方法があります。

PEEPINGWIKIでは月額料金以外に、入会金や退会金、消費税は一切かかりません。

peepingwikiはクレジットカード決済以外にも、Vプリカやデビットカードでも決済可能です。両替手続きは不要です。

PEEPINGWIKIが不安に感じる点

運営歴が短い

PEEPINGWIKIは2019年の12月にオープンした盗撮サイトなので、まだ運営実績が短いです。

運営歴が短いサイトは老舗サイトに比べて信用性が低く、利用にも不安がある方もいるかもしれません。

もちろん運営歴が短いから即危険というわけではありません。PEEPINGWIKIの盗撮系アダルトサイトはやばめの動画が多いので、見たい動画は早くダウンロードして確保しておいたほうが良いでしょう。

本物盗撮動画

PEEPINGWIKIはのぞきザムライ盗撮道に比べて、本物盗撮動画を配信しているので、リアルな盗撮動画が楽しめます。

やらせではないリアル盗撮動画が見れるのは、今のところPEEPINGWIKIだけでしょう。のぞきザムライや盗撮道は盗撮風のやらせ動画です。

「でもリアルな盗撮動画は大丈夫なの?」と心配される方もいると思います。

この点視聴者側には特に危険性はないので、問題なくダウンロードして視聴することができます。

しかしPEEPINGWIKIでは無修正盗撮動画を配信しているため、無修正盗撮動画を他人に見せたり、DVDに焼き増しして他人に配ったりしたら犯罪になるので止めましょう。またSNSやブログにアップロードしても逮捕されます。

無修正盗撮動画は自分1人で視聴する分には問題ないのですが、他人に見せたり販売したら駄目なので、こっそりリアル盗撮動画を楽しみましょう。

盗撮見聞録とは

PEEPINGWIKIがリニューアルする前は盗撮見聞録という名称でサイト運営していました。

つまりPEEPINGWIKIになる前に1回閉鎖してリニューアルしているわけです。

盗撮サイトはその性質上、閉鎖するリスクがあるのは仕方のないことかもしれません。

「じゃあPEEPINGWIKIも突然閉鎖するの?」と言われるとはっきりとは言えませんが、無いとも限りません。

そのため心配な方はVプリカで見放題プランを視聴するか、単品購入(PPV)を利用すればリスクはありません。

それでも不安がある場合は、閉鎖するリスクがないのぞきザムライや盗撮道を利用するのが確実です。

のぞきザムライは安全?

動画の志士が閉鎖した理由

盗撮系無修正アダルトサイトで人気だった、動画の志士という盗撮サイトは2020年の6月に閉鎖しました。

動画の志士が閉鎖した理由は、同系列のAVマーケットの運営者が逮捕されたからです。テレビの報道でも逮捕されたと言っていました。

動画の志士は盗撮動画以外に、ジュニアアイドルなどのロリ系動画も配信していたため、やばいと感じて閉鎖したのでしょう。

盗撮サイトの運営者が逮捕されても、利用者が逮捕されることはありません。実際動画の志士の運営者が逮捕された時も、視聴者側に制裁があったニュースは無かったです。

実際何万人という利用者がいるのに、その全員を特定するのは困難です。視聴者側が盗撮動画を見ただけで逮捕されたり警察のお世話になる事はありません。ただ盗撮動画は自分1人だけでこっそり見ましょう。他人に見せたり販売してはダメです。

まとめ

peepingwikiは1クリック詐欺や不正請求、ウイルス感染などの危険性はありません。

私自身もpeepingwikiを利用して確かめましたが、特に問題やトラブルもなく利用できました。

運営歴が浅いといっても問題のある有料アダルトサイトはすぐに閉鎖します。悪い噂や悪い評判はすぐに広がるためです。

peepingwikiはVプリカやデビットカード、プリペイドカードも使えるため、クレジットカード利用に不安がある人にも優しいサイトです。

peepingwikiでしか見れないオリジナルリアル盗撮動画が配信されているため、動画が削除されない内に、貴重な盗撮動画をダウンロードして保存できます。

まずはpeepingwikiにどんな盗撮動画があるのか確認してみましょう。

-peepingwiki

Copyright© 有料アダルトサイトの安全性を検証・無修正動画は危険なの? , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.